株式会社NSD

ホーム > NSDとは > 健康経営への取り組み



健康経営への取り組み

NSDの最大の財産は社員。社員一人ひとりが能力を十分に発揮し活躍するには、心身の健康や私生活の充実が不可欠です。NSDでは健康経営を経営の重要課題と位置づけ、以下の観点から積極的に取り組んでいます。

・ 健康増進と重症化予防
・ 育児、介護、治療と就業の両立支援
・ 長時間残業をなくし、有給休暇を取りやすい環境づくり

体制

健康経営については、代表取締役社長を最高責任者、人事担当役員を施策の企画・実行のトップとし、人事部が、経営企画部、ヘルスケア事業部、NSD健康保険組合と連携し、推進しております。

取り組み

健康増進と重症化予防

社員の健康が重要な経営資源であるという考えの下、生活習慣や健康リテラシーを改善・向上させ、病気の発生や重症化を未然に防ぐ働きかけをしています。
健康ポイント制度(*)の導入や、各事業所への血圧計の設置、運動会はじめフットサル大会やボーリング大会など、楽しみながら交流を図れるスポーツイベントの開催等を通して、社員の健康リテラシーの向上を図っています。また、風しんの予防接種及び禁煙外来の費用補助、健康診断の結果に応じての産業医や保健師の継続的なフォローなど、病気の発生や重症化を未然に防ぐ取り組みにも力を入れています。

(*) 当社開発の健康アプリへのバイタルデータの登録、健康チェックアンケートへの回答、ウォーキングイベントへの参加等でポイントを付与し、健康関連グッズに交換できる制度

育児、介護、治療と就業の両立支援

働き方の多様化、ライフワークバランスの推進を目指して、子育てや介護、病気の治療をしながら働き続けられる職場環境づくりに取り組んでいます。
法令を上回る育児休業や、小学6年生までの育児時短勤務等の制度を整えるとともに、育児休業期間中の復職支援・情報提供を通じてサポートを行っています。その結果、2016年度、2017年度に育児休業に入った社員の復職率は100%となりました。
また、介護との両立のために、休業制度や時短勤務等の制度を整備するとともに、がんや心臓・脳疾患で治療中の社員に対して、産業医や保健師が面談を行い担当上司との情報共有を図りながら、治療との両立をサポートしています。
その他、両立に関する社内相談窓口や専門家による社外相談窓口を設置し、社員が気軽に相談できる仕組みを整えています。

次世代認定マーク

厚生労働省が、仕事と育児の両立支援に積極的に取り組む企業や法人を認定する「くるみんマーク」。NSDは2008年、2013年、2016年の3回にわたり継続して取得しています。



長時間残業をなくし、有給休暇を取りやすい環境づくり

社員に健康で働きやすい環境を提供することが、優秀な人材の確保、社員一人ひとりの生産性向上等による経営基盤の強化につながると考え、残業時間の低減や有給休暇を取りやすい環境づくりに取り組んでいます。
半日単位及び時間単位の有給休暇、勤続功労休暇などの多様な休暇を用意し、各人の都合に合せて柔軟に休める制度を整えています。この結果、2018年度の有給休暇取得率は73.8%となりました(政府目標:2020年までに70%)。
また、PMP資格取得率の向上や管理職層への研修などによるマネジメントの強化を行い、残業時間の低減を図っています。2018年度の平均残業時間は22時間となり、3年間で約10%減少しています。

健康経営優良法人(ホワイト500)

以上の取り組みが評価され、経済産業省が日本健康会議と共同で優良な健康経営を行う企業などを認定する「健康経営優良法人2019(大規模法人部門)~ホワイト500」に2018年、2019年と2年連続で認定されました。


  • 会社案内PDFダウンロード

このページのトップへ


Copyright © NSD CO., LTD. All Rights Reserved.