株式会社NSD

ホーム > ニュース:2012年 > ヒューマンエラー防止手法セミナー|株式会社NSD



ヒューマンエラー防止手法セミナー

ヒューマンエラー防止手法セミナー

開催概要講師紹介タイムテーブルお問い合わせ

医療現場で発生するヒューマンエラーは、これまでは当事者本人の不注意など、個人の問題と考えられてきました。しかし実際はエラーを起こしてしまった人間だけに問題があるのではなく、表示が見えづらかったり、マニュアルが判りづらかったりなど、周囲にエラーを誘発させる環境が存在することにも原因があります。

当セミナーでは、人間の特性を解説しながらヒューマンエラーが発生するメカニズムを理解するとともに、インシデントの事例をどのように分析し、対策立案していけばよいかを実習で体験していただきます。インシデントレポート分析を実際に行うリスクマネジャーはもちろんのこと、病院経営管理の方も必聴です。

セミナーに申し込む

このページのトップへ

開催概要

開催日
第6回 平成25年 1月11日(金)9:30~16:30
第7回 平成25年 3月15日(金)9:30~16:30
※各回とも同じ内容です。
会場
株式会社NSDポップアップウィンドウが開きます
東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル 18階(会議室)
TEL:03-3342-1411 FAX:03-3342-0453
受講料
1名につき 12,600円(税込)
受講資格
本セミナーは医療従事者の方を対象としております。医療従事者以外の方で受講を希望する場合は、弊社までお問い合わせ下さい。
受講にあたって
  • テキスト等の教材は、当日会場でお渡しします。
  • 受講当日は、受講票および、筆記用具をご持参ください。
  • 昼食はこちらでご用意します。
  • 駐車場は用意しておりません。お車でのご来場はご遠慮下さい。
  • 受講中の方へのご連絡は「ご伝言」でお受けします。(受講者のお呼び出しはできかねますのでご容赦ください)
  • 講習会場内での写真撮影、講習内容の録音はご遠慮下さい。
定員
40名

このページのトップへ

講師紹介

講演者写真

河野 龍太郎先生(かわの りゅうたろう)
自治医科大学 医学部医療安全学 教授

元航空管制官。航空管制業務中のニアミスを自ら経験。エラー防止目的に心理学を専攻後、東京電力(株)では原子力発電プラントにおけるヒューマンファクター研究に従事。2007年より自治医科大学医学部、メディカルシミュレーションセンター長。

事故におけるヒューマンファクターの研究をライフワークとし、ヒューマンファクター工学をベースとした体系的なヒューマンエラー対策を提唱している。他に類を見ない異例の経歴から、各地での講演、取材が引きも切らない。日本心理学会、日本人間工学会、航空運航システム研究会会員。日本人間工学会認定人間工学専門家。『医療におけるヒューマンエラー、医学書院、2004』他著書多数

このページのトップへ

タイムテーブル

時間 内容
9:00 セミナー受付開始
9:30 全体説明
9:45 【講義】
  1. 分析の前に
    1. ヒューマンエラー発生のメカニズム
    2. 事故の構造
    3. エラー防止対策の発想手順
  2. 分析手法
  3. 医療システムの問題点と対策
12:30 休憩
13:30 【演習】
  1. チームに分かれて「ImSAFER(Medical SAFER)」を使った事例演習
  2. チーム発表
    事象の説明・対策案の紹介
  3. まとめ
16:30 終了

セミナーに申し込む

お問い合わせ

株式会社NSD ソリューション営業1部
TEL:03-3342-1411 FAX:03-3342-0453
E-mail:clip-info@nsd.co.jp
※お気軽にお問合せ下さい

ソリューション営業1部
E-mail:
clip-info@nsd.co.jp
TEL:03-3342-1411
FAX:03-3342-0453

このページのトップへ