株式会社NSD

ホーム > パッケージソフト・製品 > CIP関連ソフトウエア



CIP関連ソフトウエア

お客様の自社開発を効率化する多彩なソースコードを用意するとともにソフトウエア開発支援や技術サポートを提供し、各種産業用機器メーカー様に採用いただいています。

製品概要

 C-MTK
(CompoNet Master stack Tool Kit)
 産業用機器にCompoNetマスタ通信機能を実装するための開発キットです。CompoNetマスタ用通信プロトコルスタックのソースコード、各種関連資料が含まれています。産業用機器メーカー様が、CompoNetマスタ通信機器を自社開発される際に有効な開発キットです。
 C-SSC
(CompoNet Slave Sample Code)
 産業用機器にCompoNetスレーブ通信機能を実装するための開発キットです。CompoNetスレーブ用通信プロトコルスタックのソースコード、各種関連資料が含まれています。産業用機器メーカー様が、CompoNetスレーブ通信機器を自社開発される際に有効な開発キットです。
 ESDK Revision4.2.0
(EtherNet/IP Scanner Developers Kit)
ソケットベースのTCP/IPインタフェース上に、EtherNet/IPスキャナクラスを実装するためのソフトウェアプロトコルスタックソースコードです。 
 EADK Revision4.2.0
(EtherNet/IP Adapter Developers Kit)
 ソケットベースのTCP/IPインタフェース上にEtherNet/IPアダプタクラスを実装するためのソフトウェアプロトコルスタックソースコードです。
 MTK Revision 2.2
(DeviceNet I/O Scanner Master Stack Toolkit)
 Allen Bradley社のマスタ用ソフトウエア製品です。I/Oスキャナ機能(Poll、BitStrobe、COS/Cyclicの各I/Oメッセージによるスレーブデバイスとの通信)、Group2サーバ、Group2Onlyサーバとの明示的(Explicit)メッセージ通信やプロキシ機能があります。
 Dnet-STKs Version 1.6
(DeviceNet Slave Protocol Stack Sample Code)
 ODVAのCIPネットワークライブラリVolumeⅠ、VolumeⅢに準拠したDeviceNetスレーブ用通信プロトコルスタックPredefined Master/Slave Connection Setのソースコードです。Group2Onlyサーバのコードが対象となります(現在スレーブ機器は大半がGroup2Onlyサーバとして実装されています)。
 DNGS for R-IN32M3
(DeviceNet General-purpose Slave)
 産業用機器にDeviceNetスレーブ通信機能を実装するためのミドルウェアです。産業用機器メーカ様が、DeviceNet通信機能を備えた機器を自社開発される際に有効です。
 DNGS for V850
(DeviceNet General-purpose Slave)
 産業用機器にDeviceNetスレーブ通信機能を実装するためのミドルウェアです。産業用機器メーカ様が、DeviceNet通信機能を備えた機器を自社開発される際に有効です。
 CompoNet、EtherNet/IP、DeviceNet機器開発ベンダー様向けカスタマイズサポート  CIP(CompoNet、EtherNet/IP、DeviceNet)通信ソフトウエア開発の受託、技術サポートを行っています。また、テクニカルセミナーを開催しています。

お問い合わせ先

本製品の詳細につきましては、下記担当あてにご連絡いただくか、
お問い合わせフォームをご利用ください。

IA製品担当
E-mail: ia-info@nsd.co.jp
TEL: 03-3257-1082
FAX: 03-3257-1088

  • お問い合わせ

IA製品担当
E-mail: ia-info@nsd.co.jp
TEL: 03-3257-1082
FAX: 03-3257-1088



主な製品・サービス

  • 遠隔健康支援サービス【CAReNA(カレナ)】
  • 体質チェックサービス【Check Type】
  • 学び・教えのeポートフォリオシステム【まなBOX】
  • i-Rent
  • ビデオコミュニケーションシステム【Vidyo】
  • etransporter
  • exdirector
  • clip
  • Windows多機能印刷 FinePrint

このページのトップへ