PGP TOP > 最新情報 > "PGP WDE WorkgroupEdition>"販売終了と後継製品への移行のお知らせ(2012.07)
menu
PGP Desktop
PGP Universal
PGP Command Line
PGP自動暗号サーバ
最新情報
導入事例
FAQ
PGPとは
資料請求/価格
クリック
見積依頼
クリック
パンフレット ダウンロード
クリック
最新情報

"PGP WDE WorkgroupEdition"販売終了と後継製品への移行のお知らせ
(2012.07)

PGP Desktop製品をご利用の皆様へ

日頃よりPGP Desktop製品を御愛顧いただき誠にありがとうございます。

2012 年6月23日(土)シマンテック社からメールにて案内がございましたが、2012 年7月31日(火)を持ちまして、"Symantec PGP Whole Disk Encryption Workgroup Edition"以下PGP WDE WorkgroupEdition の販売が終了となります。
下記の通り詳細をご案内させていただきますので、ご確認くださいますようお願い申し上げます。

1.販売終了製品について
[ 販売終了製品名 ]
Symantec PGP Whole Disk Encryption Workgroup Edition 10.x
(PGP WDE Workgroup Edition)
[ 販売終了日 ]
2012年7月31 日
[ リミテッドサポート終了日※ ]
2014 年11月7日
※リミテッドサポートについて
リミテッドサポートフェーズの間は、データが損失した、実稼働システムが停止した、重大なセキュリティの脆弱性が特定された場合に問題に対処するためのコード修正またはバグフィックスを提供します。
[ パーシャルサポート終了日※ ]
2017年1月15日
※パーシャルサポートについて
パーシャルサポートフェーズの間、シマンテックのサポートサービスは通常、既知または既存のバグフィックス、回避方法、お客様の支援要求に応じたテクニカルナレッジベースからの情報を提供します。お客様のソフトウェアに対する新しい修正の開発は含まれません。
2.後継製品について

■製品名:Symantec PGP Whole Disk Encryption with Universal Limited
      (PGP WDE with Universal Limited)

2012 年7 月31日以降の保守契約は自動的に上記後継製品へ移行されます。
2012 年7 月31 日以降の" PGP WDE Workgroup Edition"として継続保守契約のご注文をお受けする事が出来なくなります。
2012年7月31日以降の保守契約更新を行う場合、上記後継製品でのご更新となります。

3.機能比較表

"PGP WDE Workgroup Edition"と、" PGP WDE with Universal Limited"との機能比較を下記に 記載致します。

機能 PGP WDE
Workgroup Edition
PGP WDE
with PGP Universal Limited
クライアント対応OS Windows Windows, Mac, Linux
管理サーバー用機器 不要 必要
管理可能な暗号アプリケーシ ョン PGP Whole Disk Encryption PGP Whole Disk Encryption※
※ PGP Universal Serverへのアップグレードによりすべての暗号アプリケーションを管理可能。
LDAPインテグレーション 非対応 対応
シングルサインオン 対応 対応
クライアント自動更新 非対応 対応
ログの集中管理 対応 対応
レポート 対応 対応
パスフレーズ紛失時のリカバリ 対応 対応
プリブート画面のカスタマイズ コマンドライン操作により可能 対応
2因子認証 対応 対応
4.お客様環境において考えられる影響範囲

"PGP WDE WrokgroupEdition"を利用して管理サーバを構築せずに管理端末での WDE コントローラーの機能にて下記3 点

  • PGP WDE のカスタムインストーラ作成
  • ログの確認
  • ポリシーの設定
が利用出来ておりましたが、"PGP WDE with Universal Limited"に移行した場合、専用の管理サーバの構築が必要となります。

管理専用サーバの構築後は、Web コンソールで管理画面から操作します。
ユーザ管理はPGP Universal サーバ上で管理され、カスタムインストーラ作成、インストール作業やワンタイムパスワード発行などの作業に変更が発生します。

5.今後の対応方法について

現在の状況などご確認させて頂き、最適な移行プランをご提案させていただきます。
尚、対応は主に3通りの方法をご準備しています。

①"PGP WDE Workgroup Edition"を継続して利用する

※現時点で安定して稼働しており、特に管理工数もかかっていないお客様にお勧めです。

2017 年1 月15 日まではパーシャルサポートがございますので、現時点で必ずしも、"PGP WDE with Universal Limited"へ移行のためのサーバ構築が必須というわけではありません。
パーシャルサポート終了までの期間中に、"PGP WDE with Universal Limited"へのアップグレードされることを推奨しております。

②"PGP WDE with Universal Limited"の管理サーバを構築し、ユーザを一元管理する

専用のPGP Universal Server 管理サーバ構築が必要です。詳しくは、下記のURL を参照してマイグレーションを行って下さい。尚、マイグレーション作業の対応は弊社にて有償サポートとして構築させて頂くことも可能です。
構築のご依頼は弊社まで御相談ください。

※PGP WDE with Universal Limited マイグレーションガイド
http://www.symantec.com/business/support/index?page=content&id=TECH188132&locale=ja_JP

③管理機能は利用していないのでスタンドアロン環境で利用する

"PGP WDE with Universal Limited"ライセンス保守への移行後に、スタンドアロン版の"PGP WDE" に切り替え利用することも可能です。ご希望の場合は弊社までご相談ください。

※"PGP WDE with Universal Limited"ライセンスに" PGP WDE"も含まれております。

6.お問合わせ先

現在のお客様の利用方法に応じて最適な方法をご案内させて頂きますので、弊社PGP 担当もしくは担当営業までご連絡ください。

[ 連絡先 ]
株式会社NSD
ITサービス事業本部 第一事業部 ITサービス営業部
【TEL】 03-3257-1153/ 【E-mail】 pgp@nsd.co.jp
PGP Desktopメール暗号化ハードディスク(HDD)暗号化PGPとは
PGP メール暗号化・ハードディスク(HDD) 暗号化ソリューション