求める人材像

人との関わりを
大事にできる人を
歓迎します

人事部 部長
内山 一平

NSDは、社員を大切にし、プロフェッショナルな人材を育てる会社です。経営の基本方針の筆頭に「社員とともに」というスローガンを置いていることも、その現れです。先輩社員が親身になって後輩の面倒を見る。そんな文化を持つ会社であり、これから入ってくる若い人たちにも、積極的に「人」づくりに関わってもらいたいと考えています。

エンジニア自らが提案し受注する会社

当社のエンジニアが所属する部署では、チームで営業からプログラム開発、納品までの全ての業務を受け持ちます。エンジニアがすべての場面で責任を持つ形にしているのは、そのほうがお客様のためになるという信念があるからです。営業が無理矢理取ってきた仕事を、我慢しながらエンジニアがつくるというようなシーンは当社にはありません。逆に、折角取ってきた仕事なのにエンジニアが動かないと営業職が嘆くシーンもありません。
エンジニア自らが提案し受注した仕事を、自らの手で納品まで担当する。そこには自ずと、よりよいものをつくるために必要な、強い責任感が生まれます。強い責任感を持ったエンジニアはお客様と一体となって「お客様が本当に求めているものは何か?」の答えを見つけていきます。それが当社の仕事スタイルです。実際、長年のお付き合いがあるお客様のシステムについては、お客様以上に当社のエンジニアのほうが詳しいというケースがたくさんあり、お客様からの信頼を揺るぎないものにしています。

これからのIT業界と当社のスタンス

これまで当社は受託開発に軸足を置いてきましたが、IT業界の流れは、パッケージ化されたシステムサービスを積極的に活用する方向にむかっています。そのときに問われるのは何かと尋ねられれば、私は迷わず提案力だと答えます。
言われたことだけの範囲でつくっているようなシステムは、どんどんパッケージ製品に置き換わっていきます。オリジナルでなくてもよいものはパッケージ製品を活用する一方、お客様が強いこだわりを持つコアの部分は、我々のほうから課題解決のためのアイデアを積極的に提案し、オーダーメイドでつくりこんでいく。こだわりの一軒家を建てるような気持ちで、お客様の「こうしたい」の一歩先を提案していくことが、これからのエンジニアに求められています。
そうした提案力に幅を持たせるため、当社では研究部門の充実に力を入れています。AIやクラウド、IoTなどを専門的に研究し、当社の技術力を活かしてお客様のビジネスの課題に切り込んでいく部署を設けました。そして、これらの部署へは若手社員を積極的に抜擢しています。

先輩社員が後輩をプロフェッショナルとして育てる文化

エンジニアにとって、安定した職業人生を歩むうえで最も大切なものは何でしょうか?
一定の企業規模があり財務内容が安定していることは確かに大事かもしれません。当社も財務内容が健全であることについては自負しています。しかし、それ以上に個人にとって大切なのは、エンジニアとしての能力をどれだけ伸ばせるかにあるのではないでしょうか? そう私たちは考え、そのために必要な環境を整えています。制度面もそうですが、何より日頃から先輩が後輩を親身になって指導するという文化が、社風としてしっかり根付いています。
プロフェッショナルのエンジニアとして先を歩いている先輩が常にそばにいて、いつでも教えを請うことができます。同じくプロフェッショナルを目指す若手にとって、このことは大きな安心感につながっています。そして、これから入ってくる若い人たちには、自分が将来、そうした指導者の立場になることを強く意識し、「人」を育てることで自分も成長してほしいと思っています。

チャンスをつかみ取ってほしい

これから入ってくる若い人たちに、私たちはまず、安心して仕事に打ち込める環境を提供します。忙しいときはもちろんありますが、労働時間の管理もしっかり行っています。これから自分が進むのと同じ道を先に歩いている先輩が見守っています。当社では新入社員が入ってくると、皆で会議をし、どのような仕事を担当してもらうか、何をやれば成長するか、どういうサポートが必要かを真剣に考えます。「人」は勝手には育ちません。見守りながら、どのような仕事を担当させるかが一番大事だと考えています。
とは言うものの、強制的に仕事を割り当てる会社ではないので、育ててもらおうという受け身の気持ちでいるのもよくありません。こういうプロジェクトや役割があるけどやってみない?というように、チャンスを与えるという形が基本です。先にあげた研究部門への若手エンジニアの抜擢などもその例です。チャンスが目の前に来たときはぜひ、「積極的に手を挙げて、自分のものにする」、そんな前向きの姿勢で自分の道を切り拓いてほしいと思います。そういう気構えがあれば、学生時代の文系・理系の違いは全く問題ではありません。

標準的なキャリアステップ

入社して3年ほどすると、仕事がどのように進んでいくかがだいたい分かるようになります。そのころに後輩がつき、小さなチームを持つのがエンジニアとしての標準的なキャリアです。お客様と話をする機会も少しずつ増え、サブリーダー的な仕事を任されます。5年目ぐらいになると、後輩を指導するということも含め、全体的な仕事の流れがつかめるようになってきます。それ以降、10年目ぐらいまでにリーダーを経験し、一つのチームをまとめるという経験をしてもらいます。その後は、部長や課長といったラインのマネージャーだけではなく、技術の会社なので、技術のスペシャリストも同じように大切に育てていきたいと思っています。

こんなことが大事な仕事です

お客様に代わってシステムを構築する仕事ですから、まずはベースとして、論理的な思考力が必要です。そのうえで、コミュニケーションがしっかりできることも大切です。例えば社内の会議等でコミュニケーションが取れないようでは、お客様とのコミュニケーションも難しくなります。どんなことでも確認して報告することが大事です。そのとき、話が上手でなくてもいいのです。伝えなければという熱意と責任感を持ってほしいと思います。
また、人が最大の財産であると考える当社にとって、人づくりは極めて重要な仕事です。繰り返しになりますが、新卒採用を重要と考える当社は、これから入る人にはいずれ自分が育てる側になることをしっかり意識してほしいと思います。人に関わっていくことを大事にできる人を歓迎しますので、我こそはと思う方はぜひ、扉を叩いてみてください。

ページTOP