株式会社NSD

ホーム > NSDとは > コーポレート・ガバナンス



コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

 当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方は、「経営理念」・「経営の基本方針」に基づき、 意思決定の迅速化、経営責任の明確化、コンプライアンス体制の充実・強化及び適時・適切な情報開示などを通して、 株主・投資家の皆様等の信任を得ることであります。確固たるコーポレート・ガバナンス体制は、適正な利益を 確保し継続的な企業価値の増大を図る基盤であると考えております。

コーポレート・ガバナンス体制

体制の概要

 当社は、監査役制度を採用しており、会社の機関としては、株主総会及び取締役のほか、取締役会、監査役、監 査役会、会計監査人を置き、その他、取締役会の諮問機関としてガバナンス委員会、代表取締役社長の審議機関と して経営会議及び業務執行会議、ならびに取締役会の下部組織としてリスク・マネジメント委員会等の各種委員会 を設置しております。また、取締役会の意思決定の迅速化及び監督機能の強化を図るとともに、機動的な業務執行 を図ることを目的に、執行役員制度を導入しております。
 この体制は、当社グループの事業領域が多岐にわたらないこと、及び事業規模に相応しい実効的かつ効率的なガ バナンス機構を構築することの各観点から採用するものであり、監査役の機能に併せて社外取締役を複数登用する ことで、経営に対する監督機能の強化・充実を図っております。

企業統治の体制図

コーポレート・ガバナンス体制図

取締役会

 取締役会は、社外取締役2名を含む取締役6名で構成しております。取締役会は月1回以上開催し、経営や業務 執行に関する重要事項を決定するとともに、取締役の職務執行状況の監督を行っております。また、取締役会へは、 監査役3名が出席し、意思決定や職務執行状況の適法性等を確認しております。

監査役(会)

 監査役は、常勤監査役1名及び社外監査役2名を選任し、取締役会その他重要な会議への出席や業務・財産の調 査等を通じて、取締役の職務執行状況や内部統制システムの整備・運用状況を監査しております。 監査役会は、監査方針及び各監査役の職務分担を決定し、各監査役の監査結果を協議するために定期的に開催し ております。

ガバナンス委員会

 取締役会の意思決定における公正性・透明性・客観性を確保するため、取締役会の諮問委員会としてガバナンス 委員会を設置しております。ガバナンス委員会は、委員長を代表取締役社長とし、社長及び社外取締役2名の合計 3名で構成し、取締役・監査役の選解任や取締役報酬の体系・水準等について審議のうえ、取締役会に助言・提言 を行っております。

経営会議・業務執行会議

 代表取締役社長の審議機関として経営会議及び業務執行会議を設置しております。
 経営会議は、議長を代表取締役社長とし、取締役6名(社外取締役2名を含む)及び常勤監査役1名の合計7名 で構成し、経営計画、経営戦略等の経営に関する重要事項を審議・報告するため、原則として月2回開催しており ます。
 業務執行会議は、議長を代表取締役社長とし、取締役6名(社外取締役2名を含む)、常勤監査役1名及び役付 執行役員4名の合計11名で構成し、予算の策定及び執行状況等の業務執行に関する重要事項を審議・報告するため、 原則として月1回開催しております。

各種委員会

 当社の全社的リスク管理を遂行するために、取締役会の下にリスク・マネジメント委員会を設置するとともに、 同委員会の下部組織として、コンプライアンス委員会及び情報セキュリティ委員会を設置しております。
(a)リスク・マネジメント委員会
 リスク・マネジメント委員会は、全社的リスク管理の遂行を目的とし、委員長を代表取締役社長、委員を内部統 制担当役員を含む関連役員・部室長とする合計10名で構成しております。
(b)コンプライアンス委員会
 コンプライアンス委員会は、コンプライアンス違反への対応や未然防止策を策定することを目的とし、委員長を 代表取締役社長、委員を関連役員・部室長とする合計11名で構成しております。
(c)情報セキュリティ委員会
 情報セキュリティ委員会は、全社的なセキュリティ対策や情報セキュリティポリシー等の規定策定を行うことを 目的とし、委員長を総務部担当役員、委員を関連役員・部室長とする合計8名で構成しております。

  • さまざまなシーンにNSD
  • 会社案内PDFダウンロード

このページのトップへ


Copyright © NSD CO., LTD. All Rights Reserved.