株式会社NSD

ホーム > NSDとは > 明日のNSD



人に、みらいを 人と、みらいへ


明日のNSD

近年、急激なデジタル化の流れにより、ITに対するお客様のニーズは多様化・高度化しております。 当社では、こうした流れをチャンスと捉え、「人とITの未来」を見据え、新たな取り組みにチェレンジしております。
中期経営計画『NSD~TO THE NEXT STAGE』(2019年3月期~2021年3月期)では、新技術対応力の向上とサービス型ビジネスのさらなる強化を戦略の柱として掲げ、 NSDグループとしてさまざまな取り組みを推進しております。

先端技術への取り組み

当社は、多種多様な業種・業態のお客様からの要望に応えるべく、常に提案型のビジネススタイルで挑戦してまいりました。
近年、AIやIoTなどの新技術が実用化の段階へと着々と歩みを進めており、それらの技術に対する要求は、益々高度化しております。そのようななか、当社では先端技術の研究開発およびビジネスへの展開に向けた取り組みに注力しております。

AIに関しては、映像解析や自然言語解析などの、さまざまな応用技術を連携させたAI学習モデルの構築やAIソリューションの開発など、実用化へ向けた研究を行っております。
IoTに関しては、各種センサーデータをクラウドに集積して可視化するなどの基礎研究や、IoTプラットフォームを使ったソリューション提案、システム構築などの応用化にも取り組んでおります。
これらの技術は、ビックデータの活用により、今後、益々普及していくことが予想されております。
また、スピーディーな技術の移り変わりに対応していけるよう、最新トレンドを意識した情報収集や研究、開発を推し進めるとともに、社内研修などの技術者育成にも力を入れるなど、NSDグループとして意欲的に先端技術への対応に取り組んでおります。

2019年4月には、先端技術推進本部の調査研究部門を分離し、株式会社NSD先端技術研究所を設立いたしました。同研究所は、出資や会員組織への加入等を通じてお客様と課題を共有し、先端技術を駆使した新サービス等を企画することを目的としております。 また、先端技術推進本部は先端技術事業部へ名称変更のうえ、開発部門としての強化を図り、同研究所が企画したサービス・製品の開発等を進めております。

新技術領域における取り組み体制

サービス型ビジネスへの取り組み

ITは所有から利用する時代へと変化したことを踏まえ、当社は、新たなビジネスの柱として、サービス型ビジネスの強化に取り組んでおります。

2019年4月に新設したヘルスケア事業部においては、遠隔健康支援サービスや血糖値の見える化サービス等のソリューションを提供しております。 近年の健康意識の高まりや今後の高齢化を背景に、医療・ヘルスケア分野におけるITの活用については一層の拡大が見込まれることを踏まえ、当社では国内外で積極的に取り組んでおります。

また、当社の子会社である株式会社ステラスでは、人材管理や営業倉庫管理の分野においてソリューションを提供しており、数多くの企業様にご利用いただいております。
株式会社シェアホルダーズ・リレーションサービスにおいては、株主優待の企画から、情報の管理、商品の受発注、問い合わせ対応までサポートする、株主優待のアウトソージング・サービスを提供しております。

上記の他、セキュリティや教育等の分野においてもさまざまなソリューションを提供しております。

  • 会社案内PDFダウンロード

このページのトップへ


Copyright © NSD CO., LTD. All Rights Reserved.