株式会社NSD

ホーム > NSDとは > サステナビリティへの取り組み



サステナビリティへの取り組み

NSDグループは、「人や社会に役立つソリューションの創造・提供を通じて、社会の健全な発展に積極的に貢献」することを経営理念に掲げ、企業活動を通じてサステナビリティ(持続可能な社会の実現)に貢献してまいりました。
NSDグループは、このサステナビリティに対する活動の基盤となるESGへの取り組みを、積極的に推進してまいります。

サステナビリティ宣言

NSDグループは、社員・お客様・株主の皆様との共存共栄という企業活動の原点に立ち、人や社会に役立つソリューションの創造・提供を通じて社会の健全な発展に積極的に貢献するため、持続可能な社会の実現が大切なものとの認識を皆で共有し、そのための社会的責任を果たしてまいります。 同時に、自らの持続的な成長にも努め、その基盤となるESGに関する取り組みを全員一丸となって進めてまいります。

NSDにおけるマテリアリティの特定

サステナビリティへの取り組みにおける、NSDのマテリアリティ(組織としての重要課題)を特定するにあたり、NSDの各ステークホルダーからの視点に基づく重要性を縦軸、会社(経営)からの視点に基づく重要性を横軸として、マテリアリティマップを作成いたしました。

NSDでは、マテリアリティマップにおける優先度の高いゾーンを、特に重要な課題としてとらえ、ガバナンス(G)に関連する項目や、人財をはじめとする社会への対応(S)に関連する項目を「NSDにおけるマテリアリティ」と位置づけ、取り組んでまいります。

NSDにおけるマテリアリティ

環境への取り組み
(Environment)
NSDグループは、事業活動より発生するエネルギーの管理や廃棄物処理への対応等に注力いたします。これにより、気候変動を中心 とした現在の地球環境が抱える課題解決に取り組むべく努力してまいります。

環境に関する各マテリアリティの戦略および施策につきましては、以下のリンクよりご参照ください。


社会への対応
(Social)
NSDグループは、社員を始めとする人財が事業を支えるための大切な財産であると考え、個々人が持つ能力を十分に発揮できるよう支援してまいります。
また、グループが持つ人財を力に、データプライバシーやセキュリティに配慮しつつ、ITやAIの活用という視点から人類社会の発展に寄与してまいります。

社会に関する各マテリアリティの戦略および施策につきましては、以下のリンクよりご参照ください。


ガバナンス
(Governance)
NSDグループは、コーポレートガバナンスとコンプライアンスの双方が会社運営における大切な両輪と認識しております。これらの態勢の維持・強化に今後も努め、会社の存立基盤をより確かなものとしてまいります。

ガバナンスに関する各マテリアリティの戦略および施策につきましては、以下のリンクよりご参照ください。


サステナビリティ活動に関する指標と目標

サステナビリティ活動に関する指標と目標(数値データ)は、以下のリンクよりご参照ください。

サプライチェーンに関する取り組み

NSDグループは、社会からの期待や信頼に応えるため、サプライチェーンを意識したサステナビリティ活動に積極的に取り組んでまいります。
ビジネスパートナーの皆様に取り組んでいただきたい事項をサステナビリティ調達ガイドライン(A.人権・労働、B.安全衛生、C.環境保全、D.企業倫理、E.マネジメントシステムの5項目で構成)としてとりまとめ、これを実践することで、ビジネスパートナーの皆様とともに持続可能な社会を実現してまいります。

詳細は、以下のリンクよりご参照ください。

サステナビリティ活動に関わる社内体制について

NSDではサステナビリティに関する活動を行う組織として、サステナビリテイ推進委員会を設置しています。
同委員会は、代表取締役社長を委員長とし、経営企画本部およびコーポレートサービス本部の部室長等で構成され、 情報収集や推進活動を組織横断的に行うほか、サステナビリティ活動の企画から推進までの役割を担います。

サステナビリティ活動に関わる社内体制

このページのトップへ


Copyright © NSD CO., LTD. All Rights Reserved.